色絵陶器の最高峰九谷焼

江戸時代の初期、後藤才次郎によって加賀の国九谷村で焼成されて350年、
加賀百万石の城下町金沢で育ち、今では世界各国で愛用されている日本の伝統ある工芸品です。
力強い文様と五彩と呼ばれる【】に色どられた華麗な陶磁器で、
作風は豪放な筆致の古九谷から青手の吉田屋風、絢爛豪華な庄三風など各時代の窯によって変
化に富んでいます。
現代でも名工達が伝統を生かしながら斬新なデザインの作品を作り出し、作風の幅を広げています。

取扱商品

店頭販売のみとなっております。現在絵付け体験を主として営業しているため

商品の取り扱いは最低限となっておりますのでご注意ください。